ドローンレーサーとは?

まるで、SF映画の世界に登場する未来マシン。

ホイールコントローラーで、地面スレスレを滑空するレース・ドローン。

戦闘機が相手を追尾する格闘戦時の姿勢を表現するドッグファイト、そんなシーンを楽しむべく、ラジコン開発会社・京商によりDrone Racer(ドローンレーサー)は誕生しました。

まるで本格ラジオコントロールカーの様に、付属するホイール・タイプ(3ch)送信機で“意のまま”に操れるマシンです。

超音波センサーと気圧計により高度は自動制御。

地上よりわずか約35cmの高さと約60cmの高さの2種類を選択でき、ワンタッチ操作でテイクオフからホバリング、そしてランディングします。

ドローンでレースをやりたいと思っても、スティックプロポ(4ch)での、フライト技術の習得は容易ではありませんが、このDrone Racerなら、京商テクノロジー(※当社調べ 特許取得済み)で気軽に浮遊感を楽しむ世界を叶えることができます。

DRONE RACERは、京商株式会社の登録商標です。日本商標登録第5814946号


当組合では、百貨店様、ショッピングセンター様・イベント会社様、市役所様などのご依頼を受け、Drone Racer(ドローンレーサー)体験会の主催業務を行っています。

この取り組みはDrone Racer(ドローンレーサー)の醍醐味を実感し、一般の方にもドローンを身近に感じてもらう普及活動がメインです。

今後、レースコースを提供頂ける企業様や行政様を募り、KYOSHOオフィシャルのレース「DroneRacer GP」を各地で開催していきます。